グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 入院されるみなさま > 研究・情報の公開について

入院されるみなさま

研究・情報の公開について

 研究者等は臨床研究の実施に際し、原則として文書もしくは口頭によるインフォームド・コンセント(説明・同意)を研究対象者等から受ける必要があります。ただし、臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入がなく、診療情報等の情報のみを用いた研究等については、研究対象者等に研究の目的を含む所定の記録事項を通知・公開し、拒否する機会を保障する、個別の説明・同意を必要としないオプトアウトという方法があります。
 当院において、オプトアウトを用いた研究の情報は以下のとおりとなります。研究への協力を希望されない場合は、各研究文書内に記載されている問い合せ窓口の担当者へご連絡ください。

浜松市リハビリテーション病院で実施中の研究

部門研究課題名対象患者研究期間
リハビリテーション科回復期脳卒中患者におけるサルコペニアが機能的帰結に与える影響の検証2021年9月1日以降に回復期病棟に入院された65歳以上の脳卒中患者(ペースメーカー挿入者、金属製のインプラント挿入者、半肢以上の切断がある者は生体電気インピーダンス分析が適用できない、もしくは正確に分析できないため除外)2021年9月1日~2025年8月31日
入院・外来自動車運転におけるTMT-Jの再開可否判定における基準値の検討TMT-Jを用いて自動車運転評価を実施した者2021年10月1日~2022年3月31日
回復期病棟回復期脳卒中患者におけるサルコペニアが機能的帰結に与える影響の検証2021年8月1日以降に回復期病棟に入院された65歳以上の脳卒中患者
ペースメーカー挿入者、金属製のインプラント挿入者、半肢以上の切断がある者は生体電気
インピーダンス分析が適用できない、もしくは正確に分析できないため除外する
2021年8月1日~2027年3月31日
回復期病棟回復期リハビリテーション病院患者における腎機能と機能予後の関係2014年4月1~2023年10月31日までに回復期リハビリテーション病棟に入院した患者
他院へ転院した者、短期入院の者、症状などの急変により転院した者は除外する
2014年4月1日~2023年10月31日
浜松市リハビリテーション病院高次脳機能障害地域支援ネットワークについて~地域に必要な支援のあり方について~高次脳機能障害を呈し、急性期病院から紹介入院した患者99名2024年4月1日~2024年6月30日

お問い合わせ窓口

浜松市リハビリテーション病院
TEL:053-471-8331(代表) 平日 9:00~17:00