グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



浜松リハビリテーションセミナー開催実績

2019年

リハビリテーションロボットと運動学習


2019年12月6日(金)
18:30~20:00

アクトシティ浜松 コングレスセンター3階

藤田医科大学 医学部リハビリテーション医学I講座 
平野 哲 先生

様々なリハビリテーション(以下リハビリ)ロボットが開発され、徐々に臨床の現場でも使用されるようになってきた。ロボットは、疲労することなく正確かつ柔軟に運動を補助することが可能であり、評価やフィードバックを同時に行うこともできるため、正しく使えば間違いなく有用なツールであり,リハビリを進化させるために必要不可欠である。しかし、ロボットはあくまでも道具であり、魔法ではない。使用目的や方法を誤れば、効果は期待できない。本講演では、まずリハビリロボットを分類し、それぞれの分野の目的を明確にする。特に、練習支援分野のロボットについては、運動学習の観点から、ロボットの作用機序を解説する。

リハビリテーション・福祉関係に関わる医療・介護従事者 等

詳しい記事内容はココをクリックして下さい。↓


リハビリテーション看護におけるセルフマネジメントの支援


2019年10月2日(水)18:30~20:00

浜松市リハビリテーション病院 3階 大会議室

日本赤十字豊田看護大学
学長 鎌倉 やよい 氏

リハビリテーションは多くの専門職が協働するチームアプローチによって実施される。日常生活活動(ADL)の自立に向けて、リハビリテーション室で行われた訓練を、患者が生活の場で自律的に反復し定着させる視点が看護にとって必要である。これは、患者が健康を回復するために必要な行動を自律的に維持できるよう、患者のセルフマネジメントを支援することである。そのためには、行動の原理を理解し、行動変容の技法を使いこなすことが求められる。この行動科学に基づく方法論を看護の専門技術として開発し標準化したいと考える。効果を検証するためのシングルケース研究法についても触れながら、セルフマネジメントの支援を論じたい。

リハビリテーション・福祉関係に関わる医療・介護従事者 等

詳しい記事内容はココをクリックして下さい。↓


第63回浜松リハビリテーションセミナー

在宅で予防する誤嚥性肺炎


2019年7月11日(木)18:30~20:00

浜松市リハビリテーション病院 3階 大会議室

聖隷クリストファー大学 リハビリテーション学部 理学療法学科
准教授 俵 祐一 氏 

肺炎は本邦の死亡原因の上位に位置します。その中で65歳以上の高齢者が占める割合は97%以上で、その多くは誤嚥性肺炎です。高齢者はなぜ誤嚥を起こしやすくなるのでしょう?本セミナーでは高齢者が抱える嚥下を含めた問題点や摂食嚥下障害との関係性について解説し、それらに対するリハビリテーション的対策について紹介します。日頃の疑問を少しでも解決できるよう、皆さんと一緒に考えてまいります。

リハビリテーション・福祉関係に関わる医療・介護従事者等

詳しい記事内容はココをクリックして下さい。↓


第62回浜松リハビリテーションセミナー

医療・介護の連携と  自立支援・重度化防止の動向  ~2018年度制度改正と今後の行方~


2019年2月4日(月)
18:30~20:00

アクトシティ浜松 コングレスセンター3階

東洋大学ライフデザイン学部准教授 
生活支援学科 生活支援額専攻  
高野 龍昭 氏

医療介護一体改革の政策動向における2018年度制度改正を概観し、その中で求められている医療・介護連携の実践的な取り組みについて検討する。それに併せて、介護保険制度で動き出した自立支援・重度化防止の諸施策を確認し、今後に求められる地域での医療・介護のあり方を考察する。

リハビリテーション・福祉関係に関わる医療・介護従事者等

詳しい記事内容はココをクリックして下さい。↓