グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



浜松リハビリテーションセミナー開催案内

2018年

 浜松市リハビリテーション病院では、浜松市より「領域の異なる多職種連携による在宅医療・介護連携推進事業」の委託を受け、「高齢者の“口から食べる”をサポートする」をテーマとした取り組みを推進することとなりました。その事業の一環として講演会を開催いたします。多職種の方々のご参加をお待ちしております。 


第61回浜松リハビリテーションセミナー

テーマ
“口から食べる”を多職種でサポートするためのKTバランスチャート活用について


2018年10月31日(水)
18:30~20:00(開場18:00)

浜松市リハビリテーション病院
3階 大会議室

NPO法人 口から食べる幸せを守る会
理事長 小山 珠美 氏

口から食べる支援には、心身の調和へとつながる包括的な評価と支援スキルが必要です。そこには、多職種が連携し、治療・ケア・リハビリテーションを展開していくための視覚的共通言語が有用です。そこで、対象者を「食べたいと願っている生活者」という観点で、包括的食支援ツールとして対応できるKTバランスチャート( Kuchikara Taberu Balance Chart:KTBC)を開発しました。本ツールは当事者や家族も含めた多職種間で視覚的に共有できるため、医療施設のみでなく、福祉施設や在宅でのチームアプローチ、地域連携ツールとしても活用できます。本研修会では、包括的食支援スキルとしてのKTBCの活用とその成果などについて紹介させていただきます。

医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、管理栄養士、ケアマネジャー、
ヘルパー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、施設ケアスタッフ 等


無料
直接会場までお越しください。

詳しい記事内容はココをクリックして下さい。↓