グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 地域リハビリ支援 > 浜松臨床倫理セミナー

地域リハビリ支援

浜松臨床倫理セミナー

その医療・ケア・支援って、患者さん自身が望んだものですか?
臨床現場では、処置・ケアの選択等を巡り、倫理的・法的問題が数多く生じています。しかし、日常臨床が多忙なため、それらに気づく余裕がなく、その解決を場当たり的な対応に委ねてきた現状があります。そうした中、医療を受ける患者、患者の関係者、医療者間の立場や考えの違いから生じる様々な問題に気づき、分析し、それぞれの価値観を尊重しながら、関係者各々が納得できる最善の解決策を模索する、いわゆる『臨床倫理』が注目されており、「臨床現場における倫理問題に気づき、問題点を同定し、分析し、解決するアプローチを理解する」ことが求められています。

本セミナーは、病院スタッフおよび地域の医療関係者の『倫理観』を向上させることを目的としています。

第11回 浜松臨床倫理セミナーのご案内

日時2022年1月29日(土)
13:00~17:00(接続開始12:30~)
講師中京大学法科大学院専任教授
日本臨床倫理学会 理事
稲葉 一人 先生
内容講演「意思決定支援における家族の役割」
事例検討会(グループディスカッション)
会場ハイブリット形式
会場:浜松市リハビリテーション病院 3階 大会議室
   ※会場参加はコロナワクチン2回接種済みの方に限ります
オンライン参加:Zoom
対象医療・福祉・介護従事者 等
定員オンライン参加:院内職員・外部参加者 合わせ50名
会場参加:院内職員・外部参加者 合わせ50名
会費無料
申込方法事前申込制
申込フォームより必要事項入力の上、お申込みください。
定員に達し次第、締め切らせていただきます。
申込期日:2022年1月21日(金)
開催ポスター▼こちらをクリック