グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




スポーツ医学センター

肩関節専門外来

当院では、肩関節専門外来を2014年4月から開設しております。

肩を含めた上肢疾患は下半身や体幹などの障害の影響を強く受けます。若年者によく見られる投球障害肩・肘はその代表的疾患です。その他反復性肩関節脱臼、ルースショルダーなどのスポーツによる肩関節の傷害や、中高年者の肩の痛みの原因となりやすい五十肩、腱板断裂、インピンジメント症候群、拘縮肩、変形性肩関節症に対しての専門的治療を行っています。

例えばこれらの疾患に対して、X線、MRI、CT、各種関節造影、超音波などの画像診断より、まずはリハビリテーションを中心とした保存治療を行い、症状の改善が認められない場合は関節鏡を使用した低侵襲手術治療や人工肩関節置換術など総合的に判断して行っています。


代表的な疾患の説明と治療方法

1)反復性肩関節脱臼
2)腱板断裂
3)拘縮肩
4)変形性肩関節