グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




スポーツ医学センター

訓練施設・器具

このページの目次


スポーツ整形専門外来で使用される訓練施設・器具を紹介します。

訓練施設

理学療法室

高い天井と広い採光部が特徴の開放的な空間です。
施設内には充実した各種物理療法機器が備えられており、療法士の指導のもとリハビリを行います。
またフローリングには床暖房が完備されており、冬でも快適な環境でリハビリに取り組んでいただけます。

屋外訓練施設

人工芝が敷かれた屋外の設備には、訓練棟から直接出入りすることができます。野球やサッカーの障害からリハビリに励む患者さんが、実際にボールを使って投げたり蹴ったりする訓練を行います。

訓練器具

BIODEX(等速性筋力評価・トレーニング装置)

筋力を測定し、手術後の患部の回復程度の評価や、競技復帰の際の目安として使用します。
等尺性運動や等速性運動での測定・訓練ができるため、安全に実施することができます。測定後にはフィードバックを行い、適切な運動方法を指導します。また標準値との比較もできるため自己のレベルも把握することができます。

スミスマシン

スクワット・ベンチプレス等、高負荷の筋力訓練に使用します。
ガイドが付いているため初心者でも安全にトレーニングができます。

BOSUバランス

ゴム素材の球面でトレーニングを行うことで、固有感覚受容器に働きかけ、筋力・バランス・反応性などを総合的に高めることができます。
スポーツ選手だけでなく、幼児から高齢者まで楽しみながらバランス感覚を養うことができます。