グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介 > 看護部 > 手術室・中央材料室

看護部

手術室・中央材料室

手術室の紹介

手術室では、「えんげと声のセンター」(リハビリテーション科)と「スポーツ医学センター」(整形外科)の手術を行っています。「えんげと声のセンター」手術は、誤嚥性肺炎防止を目的とした喉頭気管分離・声門閉鎖術や胸頚部術後合併症の反回神経損傷による嗄声や発声困難に対する音声手術(喉頭形成術)を局所麻酔下にて行っており、「スポーツ医学センター」手術は、スポーツ傷害による膝・肩関節の骨や靱帯の損傷と中高年者に多い肩の疾患に対する外科的治療を全身麻酔下にて行っています。
手術スタッフが術前訪問にお伺いする事で、患者さんに少しでも安心して手術を受けていただけるようサポートしています。また、翌日以降、術後訪問にお伺いし、患者さんの回復状況や手術室に対するご意見・ご感想をお聞きし改善していく事で、より良い手術室看護が提供できるよう努力しています。

中央材料室の紹介

中央材料室では、手術で使用する器械類の他に、外来や病棟で使用する鋼製小物や診療材料の洗浄から滅菌、その定数管理までを行っています。洗浄や滅菌の不備による手術や処置の遅延、中止となることが無いよう責任を持って、業務にあたっています。