グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




治療方法について

理学療法

理学療法は脳卒中や高齢者の慢性疾患、整形疾患などの病気や傷害によって生じる機能や生活動作におけるさまざまな問題に対し、日常生活でおこなう基本的な動作(寝返り、起き上がり、立ち上がりなど)や「歩く」、「階段を上る、降りる」などの動作の訓練を患者さんの状態に合わせて、個別に実施しています。
訓練でできるようになった動作が、病棟そして在宅生活でもおこなえるように病棟看護師と連携して、指導しています。


理学療法室

理学療法室

歩行訓練

歩行訓練

当院では広い敷地を利用して体力向上を目的として積極的に屋外歩行訓練をおこなっています。不整地や坂道などもあり、応用歩行訓練の場にもなっています。
また、必要に応じて、バスなどの公共交通機関を利用できるかどうか、外出訓練も実施しています。

装具の選定および作製

装具の選定



患者さんの生活がより安全におこなえるように装具処方をおこないます。
医師、理学療法士、義肢装具士などにより患者さんの状態に適した装具の選定ができるよう取り組んでいます。

当院には、以下の製作所さまから義肢装具士が派遣されています。

月・水・木 AM(浜松義肢)
火・木 PM(東名ブレース・松本義肢)

浜松義肢参考サイト別ウィンドウで表示します。)
東名ブレース参考サイト(別ウィンドウで表示します。)
松本義肢参考サイト(別ウィンドウで表示します。)

浜松市運動の機能向上トレーニング事業(市委託事業)

運動器機能向上トレーニング

当院では市の委託を受け地域の特定高齢者を対象とした運動機能向上トレーニング教室をおこなっています。週に1回、3カ月間の計12回を1クールとして取り組んでいます。運動機能向上トレーニング事業の実施により、生活機能の低下を防ぎ、健康でいきいきと生活できるサポートをおこなっています。

免荷式トレッドミル

免荷式トレッドミル

脳卒中、脊髄損傷、低体力者などの患者さんでは、早期から歩行訓練を開始するのが難しいことがあります。免荷式トレッドミルを使用することで、体重を軽減した状態での歩行が可能で、体重移動の仕方や歩行に要する一連の動作の習得が期待できます。転倒の危険性が少ないので、早期から積極的な歩行訓練が可能です。

ストレッチポール

ストレッチポール

ストレッチポールは、姿勢を整えることにより、人本来の身体の機能を正常な状態に近づけ健康を取り戻す「コアコンディショニング」をおこなうためのツールです。ストレッチポール上での運動プログラムをおこなうことにより、緊張をほぐし姿勢を整えるだけでなく、すべての動作の中心となる深層筋を強化・安定させることができます。当院では、脳卒中など中枢神経疾患の患者さまのリハビリテーションにおいても、このストレッチポールを応用しています。

スポーツリハビリ

おもにジュビロ磐田のチームドクター3名がスポーツ整形専門外来を担当しています。診察は平日の15時00分~17時00分におこなっており、予約制となっています。事前に電話または外来窓口にて予約をおとりください。専門医により治療およびリハビリテーションが必要と診断された方に理学療法をおこなっています。

リハの目標としては、日常の生活や仕事が問題なくできるようにすることだけでなく、スポーツ活動により早く復帰することを目標により高いレベルでの筋力や安定性を早く回復、強化させることを重視しています。