グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > リハビリのご案内 > 治療方法について

リハビリのご案内

治療方法について

「理学療法」「作業療法」「言語療法」についてご紹介します。


理学療法は脳卒中や高齢者の慢性疾患、整形疾患などの病気や傷害によって生じる機能や生活動作におけるさまざまな問題に対し、日常生活でおこなう基本的な動作(寝返り、起き上がり、立ち上がりなど)や「歩く」、「階段を上る、降りる」などの動作の訓練を患者さんの状態に合わせて、個別に実施しています。
訓練でできるようになった動作が、病棟そして在宅生活でもおこなえるように病棟看護師と連携して、指導しています。


作業療法

作業療法では脳卒中(中枢神経系疾患)、骨折(整形外科疾患)などにより身体機能の障害、日常生活上の問題に対して、さまざまな作業、日常生活動作の練習、家事活動(調理・掃除)の練習などを通して生活の再構築を目指します。また、必要に応じて各部門と協力し患者さん宅に訪問し手すりの設置や福祉用具の選定など住宅環境調整をおこない円滑に在宅生活が送れるようお手伝いさせていただきます。
高次脳機能障害の評価・リハビリテーション、地域支援活動、院内の中庭を利用した園芸活動にも力をいれています。


言語療法では言葉を理解することや表現しにくくなる「失語症」や音声や発音に障害がでる「構音障害」について治療をおこないます。また、「高次脳機能障害」の方の検査・評価をおこないます。また、食物や水分を食べたり、飲んだりすることの障害である「嚥下障害」については、医師や看護師と共にチームで評価・治療をおこなっています。