グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 採用情報 > リハビリスタッフ募集について > 先輩療法士の声(No.04)

リハビリスタッフ募集について

先輩療法士の声(No.04)

先輩理学療法士・作業療法士にインタビューしました。


先輩理学療法士INTERVIEW

山下徹(2012年4月入職)

私が、当院に入職して1年半が経過しました。当院に入職しようと思ったきっかけは、回復期リハビリテーション病院で働きたいと思ったからです。回復期でのリハビリテーションは、急性期でのリハビリを終え、自宅や社会生活へ復帰するための非常に重要な期間です。様々な障害を持った患者さん一人一人に合った訓練内容を提供することで、元の生活へ復帰していく姿を見届けることができ、とてもやりがいを感じています。
 当院では、現在PT40名、OT34名、ST9名と計83名のリハビリスタッフがいます。多くの先輩や同期に囲まれ、明るく楽しい職場です。また、当院にて開催される勉強会も多く、院外への勉強会参加もしやすい環境であり臨床業務以外にも日々成長出来る環境だと実感しています。
 また当院の特徴として、機能向上トレーニング、地域いきいきトレーナー養成事業、浜リハ祭、浜リハコンサートなど地域の方々や患者さんと関わりの場が多くあります。理学療法士として、リハビリを行うだけで無く、地域の方々の介護予防や健康増進に少しでも役に立てたらと感じています。
 昨年から、365日リハビリが始まり、平成26年4月から新棟がオープンする予定です。これからも、理学療法士として成長できるこの環境で頑張っていきたいと思います。

先輩作業療法士INTERVIEW

岡村千紗子(2012年4月入職)

私が就職活動中、当院を見学させていただいた時に、明るく活気のある場所だなと感じ、ここで働きたいと思いました。
当院の回復期リハビリテーションでは、自宅など社会復帰を目指し日常生活動作の練習や環境調整など様々な面から介入しています。日々悩むことも多いですが、患者さんの笑顔が見られた時や、感謝の言葉をかけられた時に、とてもやりがいを感じます。また多くのスタッフのなかで様々な視点や関わり方を学ぶことができ、刺激を受け自分自身ももっと成長したいと感じています。
来年度からは新棟がオープンし、病棟に隣接して生活リハビリ室ができます。患者さんの生活に沿ったリハビリや他職種間での連携がこれまで以上に行ないやすくなると考えており、そのような新しい環境で働けることを楽しみにしています。これからも患者さんに寄り添ったリハビリテーションが行なえるように、浜リハで頑張っていきたいと思います。