グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 入院されるみなさま > 研究・情報の公開について

入院されるみなさま

研究・情報の公開について

 研究者等は臨床研究の実施に際し、原則として文書もしくは口頭によるインフォームド・コンセント(説明・同意)を研究対象者等から受ける必要があります。ただし、臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入がなく、診療情報等の情報のみを用いた研究等については、研究対象者等に研究の目的を含む所定の記録事項を通知・公開し、拒否する機会を保障する、個別の説明・同意を必要としないオプトアウトという方法があります。
 当院において、オプトアウトを用いた研究の情報は以下のとおりとなります。研究への協力を希望されない場合は、各研究文書内に記載されている問い合せ窓口の担当者へご連絡ください。

浜松市リハビリテーション病院で実施中の研究

部門研究課題名対象患者
栄養管理室回復期リハビリテーション病棟入院時栄養障害は退院時FIM増加およびFIM利得に影響するかどうか2018年4月1日~2018年10月31日
の入院患者
栄養管理室下腿周囲長または推定筋肉量のどちらがより正確に低筋肉量を判断できるか2017年4月1日~2019年3月31日
の入院患者
整形外科非吸収性と吸収性螺旋中空アンカーの術後骨吸収像の比較2014年4月1日~2016年4月1日
の入院患者
リハビリテーション科一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業2018年1月1日~の入院患者
歯科サルコペニアの摂食嚥下障害の有病割合および関連因子:多施設データベース研究2019年11月1日~2021年3月31日の20歳以上の摂食嚥下障害を認める入院患者
看護転倒リスクのある転倒前の患者に危険予知活動(KYK)ラウンドを実施した効果2019年6月~2020年1月の西1階病棟入院患者
リハビリテーション部見た目が考慮された食品(あいーと®)が摂食嚥下障害患者の食事満足度や摂食量に与える影響についての検討2018年7月3日~2020年1月22日の入院患者
(ミキサー食、または嚥下移行食を摂取しており、食形態に対して不満や食欲不振を認めあいーと@を試した患者(摂食状況Lv.3-8))

お問い合わせ窓口

浜松市リハビリテーション病院
TEL:053-471-8331(代表) 平日 9:00~17:00