グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 採用・研修案内  > キャリアパス

キャリアパス

当グループで研修を終えた後の進路は様々です。当グループで正規職員のまま診療や研究に従事する事も可能ですが、他大学リハビリ科講座や急性期病院、回復期リハ病院、在宅医療など、あらゆる分野において各地で活躍しています。(当グループで研修を終えた先生方のメッセージも参照下さい)


図は初期研修を終えた先生の後期研修の一例を紹介しますが、他科からの転科、期間限定でのリハ科研修なども可能です。

様々なニーズに合わせた研修が可能です。


  • 初期研修終了後にリハビリテーション科でリハビリを研修したい先生

  • 初期研修・後期研修中にリハビリテーション科を短期間ローテートしたい先生

  • 他病院に勤務しているが、期間限定での研修希望の先生(月単位~年単位での研修が可)

  • 他科からリハビリテーション科へ転科を考えている先生

  • 嚥下障害診療について学びたい先生
    (嚥下内視鏡や嚥下造影検査などの手技獲得、嚥下手術の習得、嚥下診療全般など)


聖隷3施設で研修を行っている先生達の一例を示します。

A先生の場合

聖隷三方原病院及び聖隷浜松病院で急性期を中心としたリハ研修を行ないながら、浜松市リハビリテーション病院で回復期中心のリハ研修。
1、2年目聖隷三方原病院初期研修
3年目~聖隷三方原病院、聖隷浜松病院、浜松市リハビリテーション病院で研修
聖隷浜松病院脳神経外科、整形外科でも研修
6年目リハビリテーション専門医取得
7年目学位取得
8年目脳卒中専門医取得
9年目県外の急性期病院リハビリテーション科

B先生の場合

聖隷三方原病院での初期研修を経て、内科認定医を取得。東北大学へ内部障害を学びに内地留学。
1、2年目聖隷三方原病院初期研修
3年目浜松市リハビリテーション病院、聖隷三方原病院リハビリテーション科
4年目聖隷三方原病院内科ローテート(脳卒中科、呼吸器内科)
東北大学内部障害学分野
内科認定医試験受験
5年目浜松市リハビリテーション病院
6年目聖隷浜松病院リハビリテーション科にて研修中

C先生の場合

耳鼻科専門医としての勤務を経て、嚥下障害や音声の診療に従事。
1~10年目大学病院耳鼻科、市中病院耳鼻科など。耳鼻科専門医取得、
聖隷三方原病院リハビリテーション科で研修(3ヶ月)。
11年目~浜松市リハビリテーション病院リハビリテーション科非常勤職員
関東病院勤務
嚥下障害の手術、音声の手術など

D先生の場合

内科医からリハビリ科に転科し当グループでリハビリテーション科研修を経て他施設で研修。
1~4年目内科医として勤務
5年目聖隷三方原病院リハビリテーション科、浜松市リハビリテーション病院で研修
7年目他大学リハビリテーション科に入局
8年目専門医取得

専門医試験の受験

聖隷で研修中あるいは研修を終えた先生方がリハビリテーション科専門医試験を受験し、リハ科専門医として各地で勤務しています。

当グループで研修中に専門医試験を受験される場合は、可能な限りの専門医試験の受験サポートを行っています。
これまで受験された先生方からの試験情報もあり、模擬面接や専門医試験の勉強会なども行われています。

歯科の先生へ

当グループでは嚥下障害診療に力を入れていますが、医科歯科連携は大変重要と考えており、中でも歯科の先生方の役割はたいへん大きいと考えています。他大学から月単位での研修に来られる歯科の先生方もおります。

聖隷三方原病院、聖隷浜松病院にはリハビリ科に専属という形で勤務している歯科医が数名ずつおります。興味のある歯科の先生は、お気軽にご連絡頂ければと思います。

お問い合わせ・連絡先

リハビリ医療に興味をお持ちの先生は、いつでも下記にご連絡下さい。

代表:浜松市リハビリテーション病院リハビリテーション科   藤島 一郎

E-mail    ifujishima@sis.seirei.or.jp
住所     〒433-8511 静岡県浜松市中区和合北1-6-1
電話番号   053-436-1251(代表)

聖隷三方原病院リハビリテーション科  片桐 伯真

E-mail    norikata-r@sis.seirei.or.jp
住所     〒433-8558 静岡県浜松市北区三方原町3453
電話番号   053-436-1251(代表)

聖隷浜松病院リハビリテーション科  西村 立

E-mail    n-r@sis.seirei.or.jp
住所     〒430-8558 静岡県浜松市中区住吉2-12-12
電話番号   053-474-2222(代表)