グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 活動を知る  > 関連施設紹介  > 聖隷浜松病院

聖隷浜松病院

静岡県西部地区の急性期型総合病院で、

  • 病床数:750床
  • 1日平均入院患者数699.1人
  • 平均在院日数:11.5
  • 病床利用率:94.1%
  • 1日平均外来患者数:1621.6人
  • 常勤医師数265名
医療圏として西は愛知県の豊橋から東は掛川まで広域にカバーしています。
浜松駅や歓楽街も比較的近いため、交通の便は大変良く住みやすい場所に位置しています。


リハビリテーション科について

リハビリテーション科は常勤西村立(リハビリテーション科専門医・指導医)、後藤有香(リハビリテーション科専門医)、非常勤大野綾(リハビリテーション科専門医・指導医)、八木友里(リハビリテーション科専門医・指導医)、髙柳健二の5名で診療に当たっています(2016年10月現在)。他科からのリハビリコンサルテーション業務が主で、病棟主治医とはなりません。一般病棟はもちろんICUやNICUなどからのリハ依頼も多く、ほぼ全科から毎日リハ処方が出ます。対象疾患は内科外科問わず多岐にわたっています。
聖隷浜松病院の摂食嚥下リハの診療も、日本トップクラスです。嚥下内視鏡や嚥下造影検査に関しては、十分過ぎるほど経験出来ます(2014年度 嚥下内視鏡1177件、嚥下造影検査530件)。指導体制も充実しており、STなどとの連携も非常に密です。毎週月曜には藤島Dr.らが来院され、難しい症例の検討などを行なっています。

職場環境について

他の診療科や訓練士達とのカンファレンスも充実しています。
例えば平日は毎日朝8時15分から、脳卒中カンファレンスが行われます。神経内科、脳神経外科、リハ科の各診療科医師に加え、看護師、リハスタッフが参加し、新患のプレゼンテーションや回診が毎日行われ、他科とも連携を取りながら急性期から滞り無いリハ介入が可能です。日々全身状態がダイナミックに変化する急性期患者に、全身状態に合わせたリハ介入をおこなっています。病棟でも多くのカンファレンスを行っており、神経疾患、呼吸器疾患、がんのリハなど他科やメディカルスタッフとの連携を大切にしながら患者の診療方針決定に参画しています。

すぐ近くの浜松市リハビリテーション病院へ転院となる患者も多く回復期病院との連携が密です。

コンサルテーション業務が主体で日中は多忙ですが、オンオフははっきりしています。
当科の女性医師はともに子育てをしながら業務にあたっており、産休や育児休暇の取得も可能で、さまざまな事情も踏まえながら当直の免除も可能です。

聖隷浜松病院リハビリテーション科でともに学びませんか!

超高齢者社会を迎えた日本において、リハは内科外科問わずどの分野でも必要な分野です。
リハ医を目指す先生はもちろん、内科や外科に進む前にリハを学んでおきたい先生、リハ科への転科を考えている先生、短期間でもリハを研修したい先生(月単位で可)、家庭医などジェネラリストを目指している先生など、あらゆるキャリアにおいてもリハ科での勤務経験は大きな発見と成長をもたらしてくれます。
ぜひ聖隷浜松病院リハビリテーション科でともに学びませんか!