グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 活動を知る  > 聖隷リハ医療について

聖隷リハ医療について

リハビリテーション医療とは

リハビリテーション(以下リハ)は、疾患重視の医療の中で、唯一障害を専門に扱う診療科です。医療現場では今まであまり重要視されてこなかった分野ではありますが、最近の医療情勢や患者意識の向上から、リハに対するニーズ・期待は極めて高いといえます。しかしながら、既存の医学教育の場で履修する機会が乏しい分野であるため、リハに対して専門的な知識を持って対応できる医師は少なく、リハ科医師の需要は多く、慢性的に不足しています。聖隷リハグループではその需要に応じるために、研修体制を整えています。

また、リハに専従しない他科の医師に対しても、リハに対する知識・技術を獲得することで、医療技術の向上が可能となるように、積極的な研修の受入れを行う用意があります。

リハビリテーション医療に対する需要は増加の一途をたどる中、リハ科専門医は圧倒的に不足をしています。そのような中で我々は浜松市リハビリテーション病院,聖隷三方原病院,聖隷浜松病院でグループを形成し、リハ科専門医である指導医・上級医がそろっており、リハ医療に精通して質の高い知識・技能を習得できる十分な研修プログラムを用意しています。


どんな研修が可能か

(1)リハ科主科病床で主治医として対応できる

急性期病院での
研修の場合
聖隷三方原病院はリハビリテーション科として病床を有しており、単にリハ処方・評価のみならず、全身管理や合併症等に対する医学的管理を主治医として対応することが可能です。
回復期病院での
研修の場合
浜松市リハビリテーション病院は回復期リハ病棟で亜急性期から患者を受け入れているため単にリハ処方・評価のみならず、全身管理や合併症等に対する医学的管理を主治医として対応することが可能です。

(2)あらゆるステージに対応できる

浜松市リハビリテーション病院、聖隷三方原病院、聖隷浜松病院をローテイトで来るプログラムで対応するリハビリテーションは、急性期・亜急性期にとどまらず、回復期、維持期、更には緩和期・終末期(ホスピス入院患者等対象)など、障害を持った方に対して求められるリハをあらゆるステージにおいて研修が可能です。また、脳卒中を中心とした神経系疾患においては、当直医として救急の現場から対応することにより、急性期の診断や治療に対する知識の習得が可能です。

(3)多職種による包括的なチーム医療が実践できる

関連病院内には、リハビリテーションに係わるスタッフ(他科医師、セラピスト、看護師、ケースワーカなど)が多数在籍する組織であり、リハビリテーションに対する理解があります。そのような環境での研修により、チームリーダーとしてリハビリテーション医療の手腕が発揮できるような専門的知識・技術を有した医師養成が可能です。

(4)関連病院での臨床研修ができる

ひとつの病院での研修だけでも、リハビリテーション科専門医受験資格に必要な症例を経験することは可能ですが、臨床経験の幅を持たせる上でも、関連病院(聖隷三方原病院,聖隷浜松病院)での研修をプログラムとして組んでいます。

我々のグループの得意分野

嚥下障害においては本邦でトップクラスを誇っています。藤島一郎は日本嚥下医学会の理事長、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会の副理事長を務め、研究、臨床とも極めて充実しています。

また高次脳機能障害においては静岡県の中心的病院として聖隷三方原病院、浜松市リハビリテーション病院で数多くの患者さんを治療し、患者会などの支援もしています。

浜松市リハビリテーション病院と聖隷浜松病院ではスポーツ医学に力を入れ、ジュピロ磐田のチームドクターをはじめスポーツ外傷の手術とリハビリテーションでは県西部トップとなっています。

リハ科専門医を目指す先生へ

本リハビリテーション医学会専門医制度の定める卒後研修カリキュラムにある、リハビリテーション医学の研修を行う際の目標として望まれる項目・レベルを関連病院内における研修で達成することが出来ます。また学会発表や研究、企業との共同開発といった分野にも積極的に取り組んでいます。
専門医取得のための研修カリキュラム
(日本リハビリテーション医学会の専門医の認定に関する内規に準じます。)
1.医師免許取得後5年以上及び本医学会加入後3年以上を経過していること
2.本医学会の定めた専門医制度卒後研修カリキュラムに基づき本医学会が認定する研修施設において3年以上の研修を行ったものであること
3.本医学会における主演者の学会抄録2篇を有すること
4.前号(3)の2篇のうち1篇は、本医学会地方会における会誌掲載の学会抄録または地方会発行の発表証明書をもってこれに代えることができる。
5.自らリハビリテーション医療を担当した30症例の症例報告を提出すること
6.自らリハビリテーション医療を担当した100症例のリストを提出すること
当院在籍中の専門医取得者数 15名

脳卒中専門医の取得

リハ科専門誌取得と同時に脳卒中の専門医取得も可能なプログラムとなっています。脳卒中学会加入、論文、学会発表の要件を満たし、リハ科専門医を取得することで受験資格が得られます。 脳卒中専門医取得者数 4名

学位取得のためのプログラム

当グループでは東京医科歯科大学などの社会人大学院生となり学位取得が可能です。専門医研修と同時に医学博士を取得した先生や、学位取得のために当院で研修を行った先生方もいらっしゃいます。メディカルスタッフの学位取得も支援しています。 学位取得者数 医師 6名、ST 3名

研修例

当プログラム関連病院は学会認定の研修施設であり、経験可能な症例数も多く、また期間内に学会認定研修施設である他の関連病院での研修も可能であるため、充実した3年間の研修により、専門医習得の資格を得ることが可能です。
(例:急性期病院1年⇒回復期病院2年)

このコースの目標の1つとして、専門医としてリハビリテーション全般の高い臨床能力を獲得すると同時に、チーム医療のリーダーとしての技量を持ち、後進の医師のみならず、関連するコメディカルスタッフへの指導能力を獲得し、リハビリテーション医学全般の指導的立場となる医師の養成が挙げられます。