グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について > 実績 > 病院実績 > 回復期リハビリテーション病棟 実績指数

病院実績

回復期リハビリテーション病棟 実績指数

当院の回復期リハビリテーション病棟の実績指数は以下の通りです。

【退棟患者数】(2021年7月~9月)

2021年7月~9月に当院回復期リハビリテーション病棟(東1・西1・東3階病棟の計3病棟)から退棟した患者数とその疾患別内訳です。

疾患区分退棟患者数(単位:人)
脳卒中・頭部外傷 など135
大腿骨頚部・骨盤、膝などの骨折52
廃用症候群(※)18
神経・筋・靱帯の損傷1
股関節・膝関節の置換術後4
その他0
合計210

(※)体を動かさない状態が続くことによって、心身の機能が低下して動けなくなること

【実績指数】(2021年4月~2021年9月)

実績指数とは・・・
リハビリの効果を測る指標の一つです。
退院した患者さんについて、入院時と比べてどのくらい回復したかを点数化し、それに要した入院期間を所定の計算式に当てはめて算出します。
(点数化には、FIMという評価方法を用います。下記をご参照ください。)

実績指数の数値が大きいほど、リハビリの効果があったと言えます。
当院は、厚生労働省が定めた基準により「実績指数40以上」である必要があります。

厚生労働省が示す基準当院
40.051.3