グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について > 病院日記 > 病院日記2018

病院日記

病院日記2018

和合町御殿屋台お披露目会

3月25日(日)和合町の御殿屋台お披露目会が当院で開催されました。
綺麗に色塗りを終え、改装された御殿屋が玄関前に展示され、凧色塗り体験、子どもたちのお囃子などのイベントもあり、患者さん、ご家族、町内の皆さんが大勢集まりました。
一足早い浜松祭の雰囲気を味わうことができました。

綺麗に改装された御殿屋台

藤島院長の開会の挨拶

広~い敷地だからこそできる『凧揚げ』!

子どもたちが綺麗に色塗りした凧は、今年の浜松祭会場で揚げるそうです

桜が咲き始めました

暖かい日が続き春の陽気に誘われて、院内の桜が咲き始めました。
まだまだ小さな桜の木ですが、たくさんの花を咲かせています。
ハナモモのつぼみも膨らみ、時期満開となります。
これからすくすくと成長して、以前のような桜満開の病院になることを心待ちしています。

浜リハ富士周辺の桜の木

リハビリ棟南側の桜の木

ボランティア感謝会を開催しました ~大変お世話になっているボランティアさんへ感謝をこめて~ 

3月16日(金)ボランティア活動の報告と茶話会を行い、職員による生演奏を楽しんでいただきました。14名のボランティアさんが参加され、藤島病院長より感謝状と記念品を贈呈いたしました。日々のボランティア活動の中で感じている事や率直なご意見を聞くことができ、また職員から直接感謝の言葉を伝えることができました。
これからもボランティアの皆さんと一緒に、より良い病院に成長していきたいと思います。

第18回スポーツ医学センター講習会を開催しました。

 2月17日(土)第18回スポーツ医学センター講習会を開催しました。
「成長期の腰椎分離症とその予防」をテーマに、スポーツ医学センター長の尾藤医師が講演し、また理学療法士による予防のためのストレッチやトレーニング方法の実技指導を行いました。小学生・中学生・保護者・指導者の方51名が参加されました。
 今後も様々な講習会を開催予定ですので、ぜひご参加ください。

明けましておめでとうございます

【ベコニア  花言葉:親切,幸福な日々】

 昨年は訪問リハビリテーション事業を立ち上げました。高次脳機能センターも軌道に乗り、225床の病床はほぼ満室の状態で運営出来ております。今後もより緊密に地域連携を行い、地域包括ケアシステムの一翼を担う医療施設として尽力して行きたいと存じます。
 患者さんに優しく、利用しやすい浜松市リハビリテーション病院として、これまで以上に職員一同心を一つにしてがんばっていきます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。     院長 藤島 一郎